竹炭ネット chikutan.net

竹炭の効能、効果や竹炭を使った商品の紹介をさせていただきます。

原料へのこだわり~なたね油

「なたね油」の原料は菜の花です。「菜の種」から取った油で「なたね油」(菜種油)と呼ばれています。 日本では江戸期に入ってから、植物油の採取用に栽培され始めました。 現在広く栽培されているのはセイヨウアブラナと言われる品種です。 竹炭クッキーで使用している「なたね油」の原料は西オーストラリアの非遺伝子組み換え菜種です。 竹炭クッキー独特のサクサク感は、使用している有機パーム油となたね油の微妙なバランスに よるものです。 近年、主要原産国であるカナダで品種改良されたキャノーラ品種が主原料として使われるように なりました。キャノーラ種の特徴はオレイン酸や人体で合成できない必須脂肪酸のリノール酸が 多く含まれています。 ※オレイン酸は動脈硬化予防に効果があると言われています。リノール酸には老化、痴呆症、 動脈硬化、高血圧、コレステロール抑制などに効果があると言われています。

原料へのこだわり~有機パーム油

竹炭クッキーの独特のサクサク感とさっぱりとした食感を味わっていただくために、 有機パーム油を使用しています。この有機パーム油は南米コロンビアの理想的な 気象条件を満たした有機土壌を持つ農園で育ったパーム椰子を原料に作られました。 通常、液体油に水素を添付して固体化した油脂がお菓子作りなどに使われますが、 この固体化の工程で発生するトランス脂肪酸が近年問題になっています。 しかし、この有機パーム油は水素を添加せずに製造されているため、トランス脂肪酸が 1%以下、コレステロール、アレルゲンを全く含まない優れものです。 クッキー作りに油脂は不可欠ですが、竹炭クッキーは有機パーム油を使用することで、 高級志向や健康志向の方々に圧倒的に支持されています。

原材料へのこだわり~小麦粉

国内に流通している小麦粉の殆ど(90%)は海外産小麦粉で、3大生産国のアメリカ、カナダ、
オーストラリアから輸入しています。※アメリカ産が60%、カナダ産が20%、オーストラリア産が
20%と言われています。
小麦粉はグルテンの量によって、強力粉、中力粉、薄力粉の3種類に
分類され、それぞれ
パン用、麺用、菓子用に使用されています。

海外産小麦粉の安全性については残有農薬の問題と小麦粉に起因する健康被害の問題が
指摘されています。特に
グルテンがアレルギーの原因になっているという指摘や糖質制限の
観点から、
パン類や麺類などの小麦粉を食べないことを推奨している専門家もいます。
大量生産に適した品種改良により、遺伝子組み換えがされている点も気をつけなければなりません。

竹炭クッキーに使用しているのは希少価値の高い国産小麦粉(埼玉県産)です。
※製造工場では輸入小麦粉を使用していません。グルテンフリークッキーも取り扱っております。
詳しくはお問い合わせください。









ギャラリー
  • 竹炭クッキー
  • 竹炭について
  • 竹炭について